ダイエットトレーナー のぶ

統合失調症になっても挑戦し続けるブログ

統合失調症になっていろんな壁にぶち当たって毎日いろんなことを勉強してそれを血肉化させたことを共有化します。

方向音痴の僕が気をつけるべき5つのこと

こんにちは!ノブです。

 

実は僕、超!方向音痴なんです。

 

昨日も仕事中道に迷って、三十分ぐらい帰るのが遅くなりました泣。

 

もはや実害が出てるんです泣。

 

そんな方向音痴の僕が方向音痴を治すための訓練について調べました。

 

 

1、カーナビ、スマホに頼らない

方向音痴の最強の便利ツール、グーグルマップ常に頼りまくりなのですが、これに頼っている限り、方向音痴は治らないです。

本気で治したいなら、使わないようにしましょう!

 

2、ナビの表示を北向きにする。

運転するときにナビがついてると思うのですが、方向音痴の僕はついつい進路方向が上になるように設定しています。

しかし、方向感覚を鍛えるためには正しい方角に向かっているなという感覚が必要なんです!

 

3、周りをよく見て歩く

方向音痴の人は観察力不足と言われています。

周りを注意深く見ることで、固定物を覚え、道を覚えることができます!

 

4、目に見える建物、ランドマークを覚える

東京にいるなら、東京タワーやスカイツリーなど、どの方向に見えるか?

また、田舎暮らしの人なら尖った山がどの角度で見えるかなどを基準にして考えるといいです!

 

5、出かける前と帰ってきた後にマップを見て自分の通る道を予習・復習する

これによって、マップを頭の中に刷り込むことができて、マップが思い浮かんで、道が判断できるようになっていきます。

 

 

追記

道を覚える力を鍛えれば脳の海馬が鍛えられて、方向音痴が治るようです。

実際に仕事で、不都合が出るので、この機会に本気で治そうと努力していきましょいう!